トップイメージ

アーティストとミュージシャン

ミュージシャン・作曲家(さっきょくか)とは、音楽を創作(作曲)する人のことであり、とくにそれを生業とする人を指す。コンポーザー、ソングライターともいう。

日本のポピュラー音楽においては、歌手が自分が歌う曲を自分で作曲する場合が多くあるが、そのような歌手はシンガーソングライターと呼ばれる場合が多く、作曲家と呼ばれることはまれである。通常、自分では歌うことをせず、自分が作った曲を他人に提供することを主に行うアーティストのみを「作曲家」と呼ぶ。作曲者の印税は売上げ全体の 2%が一般的。   

最新情報

お役立ちコンテンツ

ベース初心者の特訓を紹介

中国語の発音と会話を紹介

耳鳴りの治療方法と原因を紹介

職場の人間関係の改善

相続手続き方法の解説

アレンジャー・編曲家とは

アレンジャー、編曲家とは、音楽製作で編曲を行う人。

現代の商業音楽製作においては、アレンジャーの腕がその楽曲の質を左右することが多い。
また、日本のポピュラー音楽においては、作曲家が、編曲家でもあることが多く、また、自分が作曲した作品を自分でアレンジ(編曲)することも多い。

ただし、アメリカのポップス作品の安直な引用が見られる事もあり、作品としての価値を自ら貶めているものもある。旋律と異なり、アレンジ(演奏スタイル・和声・音色等)には著作権は発生しないとの見方もあるのが、このような作品を生む下地とも成っている。

 

 

Copyright (C) schaikal.net All Rights Reserved.